遺産分割の分け方についてご紹介します

遺産分割しづらい財産の価値の計算方法

遺産分割しづらい財産の価値の計算方法 遺産を有するご家族がお亡くなりになった際には、相続人に該当する方は遺産分割を行うことが通例ですが、財産の中には分割しづらく、価値の計算が簡単にできない場合も出てくるので、事前に確認しておくことが必要です。
預貯金や保険商品を含めて現金で分かりやすいものであれば問題になりませんが、逆に言えば現金以外の動産や不動産の殆どが遺産分割しづらいものといっても過言ではありません。
自宅や土地、自動車や宝飾品、貴金属やブランド品なども挙げることができ、その範囲は非常に広い方も存在しています。
不動産や動産の場合は、必ず専門的な知識を有する鑑定人に任せる必要性があり、財産を無駄にしないためにはジャンル別にプロの鑑定を依頼することが基本です。
鑑定士や査定士により出された査定額が遺産分割しづらい場合でも、割と早期に計算を行うことは可能です。
査定を利用する際には、どこでも良いということではなく、必ず信頼できる会社選びを行うことで正しい計算を行えます。

現金を遺産分割するときは相続人で協議する

現金を遺産分割するときは相続人で協議する 遺産分割をする際、現金がある場合にはそれを相続人全員で分けることになります。
普段付き合いがなかった人でも、遺留分をもらう権利がありますので全員での話し合いが必要です。
遺産分割では、故人の遺産すべてが相続の対象となりますので、土地やすべての財産などをみんなで分けていきます。
時には申請と連絡がつかなかったり人間関係のトラブルがあるなど、スムーズにいかないこともあります。
そういう時には、法律の専門家に相談することで早期解決ができるケースも少なくありません。
遺産分割で、現金は比較的スムーズに分けることができる財産です。
なぜなら、配偶者や子供などは割合が法律で決められていますので、金額が決めやすいです。
逆に不動産など、分けにくいものに関してはトラブルになるケースもあります。
お金に関しても、遺留分を請求してくる疎遠になっている親せきなどもいるかもしれませんので、相続トラブルにならないためには早期に連絡を取るようにしましょう。

新着情報

◎2024/2/16

情報を更新しました。
>遺産分割もおいて遺留分侵害額請求が問題になることがあるのか
>遺産分割において物理分割が検討される場面とは
>遺産分割における代償分割の位置づけについて
>遺産分割において換価分割とはどのようなものか
>遺産分割において行方不明者がいるときの手続き

◎2023/4/17

情報を追加しました。


>遺産分割はやり直せるのか気になっている方へ
>遺産分割は住んでいる土地家屋の評価から始めよう
>借地の上に所有権の有る家を建てていたらそれは遺産分割の対象
>遺産分割に期限はないが、相続放棄には制限あり
>遺産分割で土地家屋が未分割になって居る事が日本では多い

◎2022/6/30

情報を追加しました。


>正しい方法で生前に遺産分割を行うことは認められている
>遺産分割トラブルを未然に防ぐ方法と、その後
>遺産分割で異議があるときには専門の法律家に相談するのも1つの手段
>遺産分割協議で揉めないためのペット相続に関する知識
>遺産分割に関連する事柄には時効があるので注意

◎2020/9/11

相続人全員揃って協議が成立
の情報を更新しました。

◎2020/7/14

遺産分割調停のメリットとデメリット
の情報を更新しました。

◎2020/5/15

話し合いをスムーズに行うために
の情報を更新しました。

◎2020/3/16

遺産分割での自動車の分け方
の情報を更新しました。

◎2019/12/17

遺産分割での不動産の分け方
の情報を更新しました。

◎2019/11/29

サイト公開しました

「遺産 争い」
に関連するツイート
Twitter

遺産の相続争いって死んだ動物の肉を違う動物が食い争っているような感覚で嫌だなと思ってる 死体を食うことは生存上仕方がないことなので嫌悪感は無いはずなのに、それと似たようなニュアンスを人間に適用しようとすると何故こんなにも気持ち悪いのか

マクロレベルでの豊かさはミクロレベルの問題を量産する説 飢饉で村ごと全滅 遺産を巡って骨肉の争い 生活保護を打ち切られて日記にオニギリ食いたいと書き残して餓死

自分にそんな遠縁が居るとは初耳なクライヴは、遠縁だっとしてもなぜ自分なのか聞きたいのと、争いの元になりかねない(実際トラブルになりかけてる)遺産は要らないと伝えるために、霧深い山奥にあるバルナバスが所有する館へ向かうのだった。

ちなみに私の見立ては遺産相続になることを想定して先にお金下ろして貰っておこうっていうクズ野郎だと思うんだよね。 遺産800万あったとして先に400万下ろしておけば残り400万。 400万で遺産相続の争いしたとしても元々下ろしてあるから叔父家族のが得する構図。 さあて何かできることないかね。

相続・遺言に関するよくある誤解 ✅相続財産が少なければ相続争いは起きない? ✅子供がいない夫婦だから故人の配偶者が遺産の全てを相続できる? ✅まだ若いから、財産が少ないから遺言書は書く必要はない? 全て誤りです。 👇まずはご相談ください