遺産分割での不動産の分け方

遺産分割での不動産の分け方

遺産分割での不動産の分け方 遺産分割をするときに、現金であれば相続の割合に応じて分割すればよいのでそれほど難しくはありません。問題になるのは、分割しにくい不動産です。遺産分割では、不動産もその対象になってきますがこれは相続人どうして、どのようにして分けるかを協議していきます。意見がまとまらなかったりトラブルになった時には、法律家に相談するのが良いでしょう。

土地や建物をたくさん持っている場合には、誰が何をもらうといった話もできますが、一つしかない場合には現金と土地や建物をどのように分割するかの話し合いが必要です。現金がなくて、家だけがあるという場合にはそれを売却して相続人で売れたお金を分ける、というケースもあります。

土地や建物を残したい場合には売るわけにはいかないですし、住んでいる場合も多いです。そのまま住み続けたい場合には、預貯金をその分多く渡すといった風に臨機応変にして不公平の内容に分割するのが一般的な遺産分割となります。

遺産分割をするときに権利書は必要にならない

遺産分割をするときに権利書は必要にならない 相続人が複数存在する場合、必要となるのが遺産分割です。均等に引き渡せれば問題は生じませんが、必ず完全に分割できないものもあります。最も大きな遺産として考えられるのは、不動産です。ものであれば名前を書いておけば誰のものかわかりますが、不動産の場合はそうはいきません。表札をつけてあるから自分のものだと主張しても、誰も聞いてくれません。そこで重要となるのが権利書です。

実際には登記済証と呼ばれるものですが、不動産の権利を書面にしたもので、公的に認められ管理されています。この登記済証が、どのような不動産を所有しているかを示す根拠となります。平成17年の法改正によって、登記識別情報通知と呼ばれるものに取って変わりましたが、基本的な内容は変わりません。

遺産分割の場合は、このような権利を確認することで何が遺産として存在するのかを確認することは重要です。ただし、遺産分割後に行う登記などの手続きでは、権利書は添付不要なので、あくまでも遺産を把握するためだけに必要になります。

新着情報

◎2024/2/16

情報を更新しました。
>遺産分割もおいて遺留分侵害額請求が問題になることがあるのか
>遺産分割において物理分割が検討される場面とは
>遺産分割における代償分割の位置づけについて
>遺産分割において換価分割とはどのようなものか
>遺産分割において行方不明者がいるときの手続き

◎2023/4/17

情報を追加しました。


>遺産分割はやり直せるのか気になっている方へ
>遺産分割は住んでいる土地家屋の評価から始めよう
>借地の上に所有権の有る家を建てていたらそれは遺産分割の対象
>遺産分割に期限はないが、相続放棄には制限あり
>遺産分割で土地家屋が未分割になって居る事が日本では多い

◎2022/6/30

情報を追加しました。


>正しい方法で生前に遺産分割を行うことは認められている
>遺産分割トラブルを未然に防ぐ方法と、その後
>遺産分割で異議があるときには専門の法律家に相談するのも1つの手段
>遺産分割協議で揉めないためのペット相続に関する知識
>遺産分割に関連する事柄には時効があるので注意

◎2020/9/11

相続人全員揃って協議が成立
の情報を更新しました。

◎2020/7/14

遺産分割調停のメリットとデメリット
の情報を更新しました。

◎2020/5/15

話し合いをスムーズに行うために
の情報を更新しました。

◎2020/3/16

遺産分割での自動車の分け方
の情報を更新しました。

◎2019/12/17

遺産分割での不動産の分け方
の情報を更新しました。

◎2019/11/29

サイト公開しました

「遺産 不動産」
に関連するツイート
Twitter

遺産分割協議書と相続人全員の印鑑証明書が必要になります。 相続登記をする時間もお金もないという方は、当社なら、相続不動産を売却前提で相続登記を無料でサポートしています↓ぜひご検討を!

先日やむなく物件紹介してやったシングルマザー 私がどう見えたんだか決済後、自分も不動産投資したいと言い出して、 オマエは融資の前に養育費引いて、負の遺産、育てろよ、 なんだが、諦めさせるために説明してやったら序盤からスゴイ文句言ってきて驚いた。 スゲーな元専業主婦の唯我独尊感。

4年間絶縁してる毒親から遺産放棄を請求する裁判を起こされた 母が全額自分のものにしたいらしい。 PTSDのため行かれないこと裁判所に書面でつげる。 毒親の訴えがしりぞけられると、 毒親から腹いせに、毒親が持ってる不動産の税金?を支払いを請求する手紙が送られてきた。 その間PTSDが来るしかった

(ご提案)不動産の相続登記・司法書士費用を削減するため 本人による「相続登記申請書作成・提出」(Webサービス利用)のすすめ~ただし、本当に重要な「遺産分割協議書作成まで」は、法律専門家の行政書士がお手伝いします~

返信先:他2そうなんだよね。でもELパァンちゃんは定義しているみたいな馬鹿げた妄想をしていて… 夫婦別姓で何か具体的な利得や回避できる損失もないのだけどね。少なくともELパァンちゃんの云っている「戸籍のメモで旧姓記載で(住基・年金・遺産・査証・不動産/自動車購入で不採用)レベル」の話だとね。